挙式や披露宴は1度きり!後悔のないウエディングフォトを!

挙式や披露宴は1度きり!後悔のないウエディングフォトを!

結婚式でのウエディングフォトは、予算を多めに取って、カメラマンの方を2人つけてもらいました。
ウエディングフォトは前撮りもありますが、当日の写真は披露宴の雰囲気をそのまま切り取った、とても貴重で思い出深いものです。
ホテル内に写真映えするスポットが多数あるので、挙式と披露宴の前にそのような場所で色々と記念撮影を行いました。

指示されたポーズを決めて撮られたショットはとてもきれいで、素敵な写真ばかりでした。今で言う、いわゆるインスタ映えするショットたちだったと自分でも思います。

そんな完成度の高い写真ももちろん素敵なのですが、挙式前の着付けやヘアメイクから、親族の待合室、挙式から披露宴と当日の一連の流れの中で
撮ってもらった写真たちは、自然な表情をしていたり、親や親戚、友達と一緒に写っているものもあり、どれをとっても素晴らしいです。

ウエディングフォトを頼むにあたって、ブライダル雑誌を読んで研究もしていました。

こんなポージングや構図の写真が素敵ですよ、といった見本の写真がたくさん載っていて、
誌面を切り抜いて持参して「こういうショットを撮ってほしい」とリクエストをするといいですよ、と書いてありました。

影響を受けた私は当日持参してリクエストをして、その通りの構図のショットも撮っていただきました。

完成した写真を見ても、誌面に載っていた通りの素敵なショットになったのですが、今思い返すと、カメラマンの方に全てお任せでもよかったかなと思います。

式場専属のカメラマンの方は、その式場の中でどこが写真映えするか、など経験も豊富で熟知しています。
結婚式のアルバムを見返してみて、素敵だなと特に思う写真は、こちらからリクエストしたものではありません。


着付けの部屋でヘアメイクの仕上げにリップを一塗りしてもらっている写真、そんな私を見つめる母の写真、親族控え室でめったに会えないいとこたちとの記念写真、
挙式のあとフラワーシャワーを受けている写真、披露宴で友達に囲まれて自然に笑っている写真・・・どれも当日の一連の流れの中で撮ってもらったものです。

当日の空気ごと切り取ったような、細部にわたって思い出せるような、素敵な写真です。

カメラマンの方を2人つけたので予算はオーバーしましたが、ここはこだわって大正解だったと今でも思います。
かしこまったポーズの結婚式の写真は、前撮りも後撮りもできますが、
挙式や披露宴当日の写真だけは撮りなおしできません。1回きりの勝負ですから。

東京で結婚写真・和装・フォトウエディング・ブライダルフォトならクリエイティブフォトスタジオ・エイム

東京でウェディングフォト・結婚式和装前撮り写真